前へ
次へ

お葬式のスタイルと費用とこれからの事

お葬式の事を考えたことがありますか。
高齢化社会となり、世帯にご高齢の方が同居している事もあるでしょう。
65歳以上の人は4人に一人、さらに100歳以上の方は現在では6万人います。
いつ何時に備えて、葬儀の事を知っておく必要があります。
そのお葬式ですが、スタイルもいくつかあり、費用もプランも違いがあります。
費用を最低限かけずに行えるのが、火葬式です。
地域によっては、市内の人は火葬代金が無料というところもあり、かかる費用は送り迎えやお骨を納める壺代金などです。
通夜のない葬儀もあり、こちらは一日葬として行います。
もっとも多く行われているのが家族葬です。
親しい人と身内だけで行う、30名からのお葬式です。
基本料金があり、そこからオプションとしていくつか付けていく事で、費用を抑えることができます。
高齢化社会となった現代、葬儀と向き合っていく事も大事なことです。
葬儀社などからカタログを貰い、先ずはどういう物かを知り、そこからこれからの事を考えてください。

Page Top